Aroma Blooming Hong Kong

Japanese & European Holistic Remedies Salon Official Site

Get Sleep Well w Grimm's Fairy Tales 睡眠レスに読書がいい?

f:id:michelley-3434:20191009223952j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

English

 

 

Hi, there!

 

Today's topic is"Get Sleep Well w Grimm's Fairy Tales".

 

It's said that asing causes sleep-less troubles.

Some women voiced "Feeling overheated thinking system at night", guess the most causion is weakness for the stress.

Younger generation has energy to control the fearness due to another attractives n interestings, though, more n more being senior, closer n closer for them, then tend to focus only on the worryings badly.

Additionally, they decrease the relations to be familier w, can honestly talk how inmind is, especially negative topics.

 

Close mobile n stop overthinking at bed time n make something attractives u feel calm.

A good way is to read something stories u've already known, e.g., Grimm's Faity Tales.

 

I borrowed the book at the library today to feel how can be relax w the stories.

 

f:id:michelley-3434:20191009225321j:plain

 

f:id:michelley-3434:20191009225339j:plain

 

f:id:michelley-3434:20191009225400j:plain

f:id:michelley-3434:20191009225457j:plain

 

I cannot wait to read.

Have a sweet dreams!

 

 Japanese

 

みなさん ご無沙汰しています。

お元気ですか。

 

さて。

今日は睡眠不足でお悩みの方に、お届けするブログです。

加齢とともに、睡眠トラブルに襲われるとよく耳にします。

私の周りにも、そういった方が多く、

香港人の友人にあっては、日本の薬局で販売されている睡眠導入剤を購入している方もなかにはいます。

とても悲しいことです。

 

最近本を読んでいたのですが、

そこには具体的に眠れない人が感じている症状が書かれていました。

頭がオーバーヒートして、そのことで頭がぐっと重くなり、眠れないのだそうです。

酷い人だと、目から頭の奥にかけて熱を感じ、

どうにもこうにも心配事や課題が頭に思い浮かび、ずっとそればかり考えてしまうのだとか。

 

ひとたびその症状にはまってしまうと、目を閉じて横になっても、もうお手上げのような状態で、

眠りにつけないのだそうです。

 

そこにはもう一つのことも書かれていました。

加齢とともに、脳にかかったストレスを解消する能力が衰えていくのだそうです。

様々理由が記されていましたが、

一番には、若い頃と比べ好奇心が減退してしまったことなんだそうです。

20代の頃、皆さんどんな感じだったか思いだせますか?

仕事をしていたり、友人関係だったり、ストレスを感じながらも、

他にも関心があるので、いい意味で気を散漫させることができるのだそうです。

また、友人は多くあったとしても、

加齢とともに、その会話の話題にネガティブなものは避けるようになるのだそうです。

それは人生経験がそうさせてしまうものなのだそうで、愚痴がいえなくなり、会話の話題も損得なく円満に人間関係が続くようなあたりさわりのないものを選んでしまうようになり、

外に吐き出す機会を失っているのです。

本にはこれ以外の要因も書かれていましたが、そういったものが引き金となって、眠りにつけない、というトラブルは起きているのだそうです。

 

さて、それではどうするのか、という話になってきますが、

その本はとてもできた本で、解決策としての一案も提案されていました。

既に知っている話の本を読むといい、というもの。

 

例えばですが、

 

f:id:michelley-3434:20191009225321j:plain

 

これ、グリム童話。

私も試しにやってみようと思って図書館で借りてきたものです。

 

わたしはどちらかというと、お風呂に入ったあと、すぐ眠気に襲われて寝落ちしてしまうタイプなので、

読む前に寝てしまうかもしれませんが(笑)

 

知っている話というのがポイント。

頭に疲労をあたえず、ほどよく不安事から気を離すことができて、

ストレスが減るのだそうです。

 

ぜひみなさんもお試しになってみてはいかがですか。

 

それでは、またねー