Aroma Blooming Hong Kong

Japanese & European Holistic Remedies Salon Official Site

Chinese Herbal Decoctions 漢方を煎じる

f:id:michelley-3434:20191015183532j:plain

 

 

 

English

 

Tang(湯) is Chinese word meaning "decoction", which is a method to take Chinese medicines traditionally.

Locals usually cook the soup by their own like the below.

 

How plenty of water?

 

Ready for water 800ml for 30g Chinese herbs.

The maximum dosage is said under 3-10g per harb daily, which is basic quantity, then u need to control decrease more for kids, eldery, pregrants.

 

 

Step to do decoction

 

1. Select non alminium pot

2. Put the grasses into the water for 2 hours

3. Check the effectives, and simmerge tonic herbs in a covered pot for 1hr, e.g., Chinese Angelica, Liquorice

4. Some harbs, ex. Peppermint n perilla, should be add in the last a few minutes

5. Strain those harbs n drink- warm before taking the tang

6. Take twice in a day, morning n evening

 

Have fun traditional culture

 

A lovely Japanese sister staying in HK, she enjoys lerning the traditional retreat.

Another sister also usually visits Chinese medical clinic n care for her health.

Decoction is one of the most common ways of combination of the traditional harbs.

Use the method following professional guidelines n advice on your cooking tang.

 

 

 

 

Japanese

 

日本でも人気のある漢方の知識の習得。

実は、最近、私のまわりにも漢方に興味があって日常生活に取り入れる方々が多いことに気づき、

私も煎じてみようかと思いまして今日はこのブログを投稿しました。

どうやってやるのかな?と思い、専門家に教えていただいた方法をまとめましたので、

このブログにその記録を残したいと思います。

 

それではどうぞよろしくお願いいたします。

 

分量は?

 

どうやらポットに全部突っ込んで煮ればいいというものではなく、

適切な分量があるのだそうです。

これはあくまで目安の話と念を押されたのですが、

 

漢方を全総量30gを煮出すとすると、

それに対して必要な水は800ml

 

この比率で漢方を煎じるんだそうです。

しかし先にも書きましたが、これはあくまでも目安。

お子さん、ご高齢の方、妊婦さん、またほかに特別な事情をお持ちの方は、

専門家の指示に従ってより水の量を多くし薄めて飲むようにと、念押しされました。

 

煎じ方

 

煎じる際、いくつか注意点がありますので、

以下に箇条書きにまとめておきます。

 

1.アルミ製のポットを避けること

2.煮出す2時間前にはハーブを水につけておくこと

3.甘草(リコリス)や高麗人参といった根物のハーブは、煎じるときにはポットは必ず蓋をして1時間位煎じればよし

4.服用するのは、煮出したスープのみ。なので、煮出したらハーブは早々に濾して、いただく際は温めること

5.一日朝と夕方の二回服用のこと

 

さいごに

 

冒頭ご紹介した方々は、漢方に魅力を感じ学校に通われたり、行きつけの中医があって定期的にカウンセリングを受けたりと、漢方を日常生活に取り入れて生活されています。

確かにいつもお話すると、明るいですし、お話上手でお元気。

漢方のなせる技なのかな?と私も興味をもつようになりました。

 

香港では、スーパーマーケットに行くと、漢方スープの素(いろんな種類のハーブが効能に合わせてパックされている)が販売されていまして、

私もときどき沸かしていただいています。

 

先ほどアルミの鍋を使わないように、と記しましたが、

できれば、アルミだけではなく、ちょっとお高めのかわいいお鍋(ルクルーゼとか)も、

使用を避けたほうがいいかなと個人的には感じています。

漢方でかわいいお鍋が染まってしまうのです(涙)

要注意です。

 

たのしく漢方をとりいれながら、

健康的な生活を過ごしたいものですね。

 

それでは またねー☆